トレーニングするなら


フィットネスクラブで筋トレを行うにあたり、効果が出やすい筋トレ方法を知っておく必要があります。また、ダイエットも目的にしている方は、筋トレ等の無酸素運動だけでは脂肪は燃焼しませんので、有酸素運動と上手く組み合わせて行う必要があります

フィットネスクラブまず、体をほぐし、怪我を防ぐ為にも、ストレッチを10分程度行います。その後、有酸素運動(ランニング、ウォーキング、エアロバイク等)を10~15分程度行い、体温を上げて筋トレ前の準備を行います。その後、マシンを使った筋トレを30~60分行います。そして、その後有酸素運動を長めの20~30分行います。これは、無酸素運動後の体は、酸素を欲しがっています。この状態で有酸素運動をすることで、より酸素を吸収し、脂肪燃焼がしやすくなるというメカニズムによるものです。

筋トレは、毎日行えば良い訳ではありません。筋肉を壊して回復させることを続けることで、鍛えていきますので、休憩する時間も必要になります。筋肉が疲れたまま継続して筋トレを行うと、怪我をする危険性がありますので、きちんと休むときは休む、あるいは異なる部位のトレーニングを行うようにしましょう。週に2~3回が目安となります。スタッフに相談されることをお勧めします

フィットネスでの運動


水泳
出典元 《ジム・スポーツクラブ・フィットネスクラブなら【メガロス】

前頁で紹介したようにフィットネスクラブでできることは、筋トレやランニングマシーン、エアロバイク等を利用した自己トレーニングを始めとして、スタジオで行うレッスンも充実したプログラムが提供されています。インドアバイクを利用したトップライド、インターバルトレーニング、ヨガ、太極拳、ピラティス等のボディバランスを鍛えるエクササイズ、キックボクシング、テコンドー、ボクシング、空手等を取り入れたボディコンバット、ヒップホップ、ベリーダンス、フラダンス等、ダンスの動きを取り入れたスタジオワークアウトであるボディジャム、バーベルや縄跳び、ステップ台等を使ったワークアウト・エクササイズ、体力作りやカロリー燃焼を目的としたエアロビクス等があります。

プールがあるフィットネスクラブの場合には、アクアビクスやアクアウォーキング、アクアシェイプ等、プールの中で行うプログラムもあります。浮力や抵抗等の水の中で行うことのメリットを生かした体作りができますので、こちらも安全で効果的に行うことができるエクササイズとして人気のプログラムとなっています。このように、フィットネスクラブとは、筋トレ以外にも、活用しないと損するプログラムが盛り沢山です

上手な筋トレの方法


ダイエットやシェイプアップ、体力作りの為に、筋トレを始める方は沢山おられます。まず最初に頭に浮かぶのは、フィットネスクラブへ入会して、筋トレがしやすい環境作りをすることです。とりあえずフィットネスクラブへ行けば、トレーニングして簡単にシェイプアップできるだろうと考える方も多いのではないでしょうか。

筋トレ自宅にて、ご自身だけで筋トレをするには、正しい筋トレの知識が必要であり、モチベーションも高く維持し続けるには、かなりの精神力を必要とします。フィットネスクラブに入会することで、正しい筋トレの知識を勉強することもできますし、沢山のマシンも利用することができます。同じ目的を持つ仲間に出会うこともできますので、特に初心者の方にはフィットネスクラブの利用がお勧めでしょう。一人で行うよりも、沢山の情報交換も可能ですし、新しい出会いにも期待ができ、友達も増えるメリットがありますので、筋トレに興味があるという方は、フィットネスクラブへの入会を検討されてみてはいかがでしょうか。

筋トレはしたいけれど、できるだけお金をかけたくないという方も中にはおられますが、筋トレの上級者でない限り、知識のないまま筋トレをすることはお勧めできません。正しい知識がない為に、間違ったトレーニングをする可能性もあり、そうなると効果があまり期待できなかったり、逆に筋肉を痛めてしまう結果にもなりかねません。ここでは、フィットネスクラブを利用した筋トレについて紹介します。